kivantium活動日記

プログラムを使っていろいろやります

2020年5月

出来事

インターンの話

4月の記事に書いたようにインターンの内容に不満があったので、ゴールデンウィーク明けに今の業務をつづける意味を感じないという話を上司にしたところ、とりあえず出社が可能になるまでは休職することになりました。その時は休職は明日からでも良いという話でしたが、事務手続きに2週間ほどかかったので実際に休職になったのは先週からです。休職した分インターン期間を変更するなどの配慮をしてもらいましたが、今後どうなるかは状況次第です。 今までの経験を振り返っても、何も分からない担当者と働いてひどい目にあったときはともかくとして、特に業務内容や人間関係に問題がないときでも逃げるように辞めていたような気がしますし、上手に労働ができた記憶がありません。これからどうやって生きていけばいいんだろうなぁ。

Webサービスの話

業務後の時間を使ってひたすらWebサービスを作っていました。

nijisearch.kivantium.net

自分からイラストを探しにいかなくても勝手にイラストが集まってくるのは見ていて楽しいので作った意味があったと思っています。 サーバー代くらいは稼げるといいなと思ってGoogle Adsenseの広告を貼っていますが、今のPVでは全く利益が出ないので世の中の厳しさを感じています。自分が欲しいものを作っただけなので別に儲からなくてもいいのですが。 このサービスの本質はタイムラインからのイラスト自動収集だけで残りはだいたいやるだけなのですが、作業の量としては圧倒的にやるだけ部分が多くなっています。世の中ってそういうものよね。勉強しないといけないことがたくさんあるので、あまりこれに時間を使ってはいけないと思っているのですが、手を動かした分だけ機能が増えるのは楽しいのでつい弄ってしまってよくないです。

読んだ本

業務時間と趣味の開発で時間を取られて他のことをする時間がだいぶ減っていました。

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学を使ってニューラルネットワークを解析するみたいな話を聞いて解析力学を勉強しようと思って学部生のときに買ったものの積んでいた本です。等重率の原理から出発して熱力学のいろんな現象が出てくる話が中心だったのですが、熱力学にあまり思い入れがないこともあってか前評判ほどの面白さは感じられませんでした。

専門ではないが知っておきたい分野の本をどのくらいしっかり読み込めばいいのか分からないでいます。というか、勉強の仕方が未だに分かりません。ここ数年は本がなくても内容が復元できるようなノートを書きながら本を読み進めて、一冊分ノートを書き終わったらおしまいという勉強をしているのですが、時間の割にあまり身についていない気がします。ただ読むだけだと身につかないですが、だからといって何も見ずに内容を再現できるレベルで理解するようにしていたらいつになっても読み終わらないわけで、その中間を模索しています。

山田エルフ大先生がかわいかったです。

なもり先生の絵がかわいかったです。

知能がない。

広告コーナー