kivantium活動日記

プログラムを使っていろいろやります

博士課程受験記

振り返るシリーズ第2弾として、博士課程受験記を書きます。

日本の博士課程受験

現在所属している修士課程と同じ専攻の博士課程を受験しました。この専攻では修士論文の発表が博士課程の入試を兼ねているので特に対策することはありませんでした。

これだけで終わってしまうと面白くないのでDC1への申請について書きます。

研究専念義務をはじめとして学振には悪い面がたくさんあるのですが、博士課程学生への支援制度としてはこれが一番標準的なものなのでとりあえず出しました。これから博士課程に入学する人向けの学振がDC1です。DC1への申請はM2の春に行い、M2の秋頃に結果発表があります。DC1に採用されると月額20万円の研究奨励金と毎年度150万円以内の研究費が3年間交付されます(実際に150万円交付されることはほとんどないらしいですが)。すでに博士課程に在籍している人はDC2に申請することになります。DC2も同じ金額ですが、採用期間は2年間です。

研究室の先輩に学振に出している人がいなくて相談できる人がいなかったので、まず最初に学振本を読みました。

この本にはいくつかの申請書例が載っているので、本当にどう書けばいいか分からなかったときの最初の手がかりになりました。一方で、研究の内容は人によって全然違うのでそのまま使えるところばかりではなく、最終的には大部分を自分で考えないといけませんでした。申請書は科研費LaTeXを使ってOverleafで書きました。各項目について見ていきます。

  • 現在までの研究状況: これまでの研究のうち、博士課程で行うつもりの研究に絡む部分を詳細に書きました。
  • これからの研究計画: 博士課程3年間で行う研究内容だから壮大な内容を書いたほうがいいと指導教員に言われたので、インパクトが大きそうな研究計画を書きました。(申請書の提出後にその分野のプロに研究計画について話したら「それを実現するには10年は掛かる」などと言われたので相当無理のある計画だったようです)審査員はそれなりに広い分野の審査を担当しているため申請内容にピンポイントで詳しいわけではないことを意識して書く必要があります。研究計画の達成によって何が変わるのかがひと目で分かるポンチ絵を入れろというアドバイスは有用だったと思います。ポンチ絵の素材にはICOON MONOを使わせてもらいました。年次計画はどうせその通りに進まないと思えなくて詳しく書く気になれなかったのでガントチャートを入れて場所を埋めました。
  • 研究成果: 空きがあると印象が悪いと思って、どんな小さな会議での発表でも思い出せるものを全部書きました。書いた内容は、ファーストオーサーでの査読有り論文が1本(IF 1.5の雑誌)・セカンドオーサーでの査読有り論文が1本(IF 4.5の雑誌)・査読無しの論文が1本 (arXiv)と、国際会議での査読なしポスター発表2回などです。「査読中・投稿中のものは除く」という指示があったのですが、arXivに上げている論文は査読無し論文発表扱いでいいだろうと思って、査読中でしたが業績として書きました。これが許されるのかは知りません。
  • 研究者を志望する動機、目指す研究者像、自己の長所等: 自分の長所を自分で書くのは非常にやりにくいのですが、嘘にならない範囲で自分をよく見せるゲームだと思って書きました。「(この成果は)申請者の高いプログラミング能力を裏付けている」とか「研究者としての高い資質を持つと自負している」みたいな文を正気で書くのは厳しいものがあります。この部分に関してはTwitterの知り合いに見せてもらった申請書がとても参考になりました。

情報学分野で申請して、結果は面接免除採用でした。情報学の申請者数277人のうち、面接免除での採用内定者は49人で、面接合格も含めた最終的な採用内定者は54人だったので倍率はだいたい5倍だったようです。

海外の博士課程受験

海外の博士課程も受験しました。海外の博士課程受験で提出するものはどの大学もだいたい共通で、以下の通りです。

  • TOEFLのスコア
  • GREのスコア
  • 3通の推薦状
  • Statement of Purpose(志望動機みたいなもの)
  • CV/Resume
  • 大学の成績表

日本の院試のようなペーパーテストを課されることはありません。

TOEFL

海外大受験でもっとも僕が苦労したのがTOEFLです。有名大はどこの大学もだいたい100点以上が必要なのですが、100点を超えるのに5年掛かりました。スコアの推移は以下の通りです。(R: Reading, L: Listening, S: Speaking, W: Writing)

受験時期 R L S W
2013年9月(高3) 30 20 18 26 94
2017年2月(B3) 28 24 19 26 97
2017年4月(B4) 30 24 19 26 99
2017年5月(B4) 29 23 20 25 97
2018年12月(M1) 30 29 22 25 106

受けた時期ごとに何をしたかを見ていきます。

高3のとき

部活の先輩から日本の大学が面白くないと吹き込まれていたので海外の大学を受けようと思っていました。MITのTOEFL要求スコアが100点だったので、1回受けて100点超えなかったら諦めようと思って受けたのがこの回でした。(高校生の資金力では1回2万円するTOEFLを何回も受けることができないからこう考えたのですが、渡航費とかはどうするつもりだったんだろう……)

Readingについては教員室に置いてあったTOEFLテスト英単語3800を先生にお願いして無料で譲ってもらって一周しました。満点が取れたのでReading対策はこれだけで十分だと思います。(もちろん高校生レベルの英語力は必要ですが……)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

  • 作者:神部 孝
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2014/02/21
  • メディア: 単行本

それ以外の科目についてはOfficial Guideを中心に、市立図書館にあったTOEFL対策本を借りて読むなどしました。Writingについては高校の英語の先生に添削してもらいました。

The Official Guide to the Toefl Test

The Official Guide to the Toefl Test

  • 作者:McGraw Hill Education
  • 出版社/メーカー: McGraw-Hill
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: ペーパーバック

結果は94点だったので、決めていた通り海外大受験は諦めて日本の大学に進みました。

B3のとき

学部前期では英語の勉強に割く余裕がありませんでした。専門課程の授業を1年間受けたあたりで、自分の関心とのミスマッチを強く感じたので大学院は海外に進もうと思ってB3の冬にTOEFLの勉強を再開しました。

前回の受験でリスニングとスピーキングの点数が悪かったのでその2つを重点的に勉強しました。リスニングについてはOfficial GuideのほかにOfficial TOEFL iBT Testsを購入して練習を重ねました。

Official TOEFL iBT Tests

Official TOEFL iBT Tests

スピーキングについては、レアジョブ英会話TOEFLコースを受講して練習しました。

結果は97, 99, 97点で、前回よりは良くなったものの、100点には届きませんでした。リスニングは4択なので何回も受ければ1回くらいいい点数が出るだろうと思っていたのですが、3回とも23〜24点だったので意外ときちんと実力を反映しているようです。本番の問題は本の練習問題よりも明らかに話すスピードが早いので、練習問題で満点が取れたからといって本番でいい点数が取れるとは限らないようです。

スピーキングは毎日きちんと練習したにも関わらず全然点数が伸びませんでした。レアジョブのTOEFLコースは毎回講師が問題を出して、自分が制限時間内に解答し、その解答に対して講師がコメントをつけるという方式だったのですが、これだとそれぞれの問題についての対策は分かっても全体的にどういう考え方で解答を作ればよいのかが身につきませんでした。また、講師も特にTOEFL対策について訓練を受けているわけではないので、とりあえずgood answerと言って褒めておけばいいと思っているのではないかと思うような態度の人も多く、あまりコメントの質が高くなかったように記憶しています。この経験から自分はSkype英会話は役に立たないと主張しています。

3回受けたにも関わらずTOEFLは目標の点数には達しませんでした。また、B1の頃からいくつかの研究室に訪問する機会を作って研究を行っていたのですが、B4開始の時点で一本も論文が出せなかったので、海外大受験に十分な実績ではありませんでした。その上、配属された研究室の研究内容に十分興味を持てたので、修士課程は日本の大学院に進学することに決めました。

M1のとき

博士課程こそは海外大を受験したいと思っていましたが、M1前半は研究で忙しくTOEFLの勉強に割く時間がありませんでした。後期になってラボの学生の間で英語学習の機運が高まり、TOEFLの点数を競い合って敗者が勝者に焼肉をおごる会を12月に行うことになったので、ちょうどいい機会だと思って研究を半分放り出してTOEFLの勉強をしました。リスニングについてはCNN 1060 Second Scienceのディクテーションで練習しました。スピーキングについては Michael Buckhoff というおじさんがやっているオンライン講座を受講しました。この講座は検索していてたまたま見つけたもので、毎月$45のプランを受講すると毎日1回スピーキングの添削を行ってくれます。この講座で良かったと思うのは、TOEFLのスピーキングの添削だけではなく発音の分析をきっちりやってくれたことです。コースの最初に発音テストがあり、そこで分析した苦手な発音を集中的に練習しました。このコースを通して自分の発音が悪いことを自覚したので発音の本を買ってこのコースに加えて自分でも発音練習をしました。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

Mastering the American Accent with Downloadable Audio

Mastering the American Accent with Downloadable Audio

  • 作者:Lisa Mojsin M.A.
  • 出版社/メーカー: Barrons Educational Series
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: ペーパーバック

英語耳の副題にある「発音ができるとリスニングができる」という主張はドラゴン桜でもなされていましたが、これは漫画的な誇張だろうと思って信用していませんでした。しかし、発音練習を行った結果リスニングの点数がだいぶ伸びた (23→29) ことを見ると、発音とリスニングには確かに関係があるのかもしれません。

この回のリスニングの点数が良かったのは試験会場も影響していると思っています。御茶ノ水テストセンターでTOEFLを受験すると点数が伸びやすいという話はあちこちで言われているのですが、これまでの受験では御茶ノ水の会場に空きがなく、受験することができませんでした。この回は12月に受けることを早めに決めたので御茶ノ水会場を無事確保することができました。評判の通り、今まで受けた会場の中でもっとも設備が良く、他の人の立てる騒音をを気にすること無くリスニングに集中することができました。

スピーキングは発音練習とTOEFLに特化した講師の添削を毎日繰り返したおかげで、少しだけ(20→22)点数を伸ばすことができました。英語圏の看護師受験などで26点が要求されるため、26点を目指すように指導されることが多いのですが、海外経験のない日本人が短期間の練習で取れる点数は22,3点あたりが限界なような気がしています。

GRE

TOEFLが終わってからGREの対策をはじめました。GREのスコアを要求しない大学院が増えているとはいえ、要求された場合に備えて受けておいたほうがいいと思います。GREにはVerbal Reasoning, Quantitative Reasoning, Analytical Writingの3科目があります。

Verbal ReasoningはReadingのような試験ですが、ネイティブでも知らないことがあるような難しい単語の知識が要求されます。評判の良かったFlashcardを買って勉強しました。EssentialとAdvancedがあるのですが、Advancedまでやっても十分ではなかったようで、一度も見た記憶がない単語が試験にたくさん出てきました。TOEFLの受験が終わった直後から単語の勉強を始めたのですが、なかなか覚えきれなくて10月までGREを受験できませんでした。

Quantitative Reasoningは小学生の算数に毛が生えたような問題しか出ないので算数用語を英語で何と言うのかを覚える程度の対策で十分です。Analytival WritingはTOEFLのWritingよりだいぶ採点が厳しいのでどう勉強すればいいのか分かりません。両方ともCracking the GREという本で勉強しました。

CRACKING GRE 2020 (GRADUATE TEST PREP)

CRACKING GRE 2020 (GRADUATE TEST PREP)

  • 作者:PRINCETON REVIEW
  • 出版社/メーカー: Princeton Review
  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: ペーパーバック

GRE Official Guideも買って一通り読んだのですが、GREに申し込むと2回分のPractice TestをWebで無料で受けることができるのでCracking the GREだけ買えばOfficial Guideは買わなくても十分だったと思います。

The Official Guide to the GRE General Test

The Official Guide to the GRE General Test

結果はVerbal Reasoning: 155, Quantitative Reasoning: 168, Analytical Writing: 3.0でした。
f:id:kivantium:20200223214611p:plain

志望大学はVerbal Reasoning: 153, Quantitative Reasoning: 155, Analytical Writing: 4.5を取ることを推奨(必須ではない)していました。Analytical Writingの点数が足りていませんでしたが、どう対策すれば良いか分からなかったこと、受ける時間がなかったこと、GREはあまり重要視されないらしいことなどから、「英語力不足の分は有り余る研究業績でカバー」ということにしてGREの受験は1回だけにしました。ちなみに、 GREを続けて受験する場合21日の間隔を開ける必要があるので高い点数を取るために何回も受けたい人は早めに受けておいたほうがいいです。

推薦状

海外の大学院受験で一番重要だと言われているのが推薦状です。多くの大学が3通の推薦状を要求してきます。1通は卒論/修論の指導教員にお願いできるとしても、残り2通を誰かに書いてもらう必要があります。「この学生は授業で良い成績を取った」という推薦状はあまり有効ではなく、「この学生は〇〇というプロジェクトを私と一緒に行い、優れた成果を収めた」という推薦状であるべきらしいので、所属研究室外の誰か2人と共同研究をする必要がありました。

共同研究が行えそうな機会を求めて、まずM1のときにGoogle Summer of Codeに参加してアメリカの大学教員のメンターと一緒にOSS開発を行いました。そのプロジェクトの成果が運良く論文になったので、片方の推薦状はそのメンターに書いてもらうことにしました。

M2の8月〜12月には文科省から留学奨学金をもらってそのメンターがいるアメリカの大学に留学する予定だったのですが、ビザの手続きの関係で9月で留学を中断せざるを得ない状況になりました。(詳細を書くと怒られが発生しそうなのでやめておきます)そこで、帰国する前に志望先の教授の研究室を見学しておこうと思って次のようなメールを出しました。(先人のブログにメールの文面が書いてあるととても参考になったので自分も載せておきます)

Subject: Request for a Lab Visit

Dear Professor XXXXXX,

My name is XXXXXX.
I am a second-year master's student at XXXXXX and expecting to graduate in March 2020.
I am interested in doing my Ph.D. under your supervision.

My main research interest is XXXXXX, and I am working under the supervision of XXXXXX.
I have published a paper related to this topic.
- XXXXXX (title and link to the paper)

I am also working on software development by collaborating with XXXXXX.
- XXXXXX (title and link to the paper)

I have attached my resume for more information.

I am highly interested in your research, and I would like to know more about your team.
Is it possible to visit your lab in August or September?

Thanks for your time, and I look forward to hearing from you.

Sincerely,
XXXXXX

このメールの時点では1日か2日程度ラボを見学する "visit" を想定していたのですが、相手は長期間の "visit" だと思い込んだらしく "For how long will you want to visit?" という返事が来ました。そこで、「12月までの留学奨学金があるが、12月まで滞在することは可能か?」と思い切って聞いてみた結果、志望先の研究室に留学できることになりました。(留学先を変更するための手続きのために文科省との長い長い長い交渉がありましたがこれは別の話です。)

こういうよく分からない経緯でしたが、ともかく志望先の研究室で共同研究ができたので、志望先の研究室の教授から推薦状を書いてもらえることになりました。正直これはズルな気がしますが、チャンスが回ってきたときには遠慮するべきではないと杉江さんも言っています。

僕は才能って言うのは、何よりまずチャンスを掴む握力と失敗から学べる冷静さだと思う。絵の上手い下手はその次だ。僕は僕よりうまい人間が、わずかな自意識過剰やつまらない遠慮のせいでチャンスを取りこぼしてきたのを何度も見た。惜しいと思うよ、未だにね。(杉江茂・SHIROBAKO 22話)

Statement of Purpose

Statement of Purposeが入試で最重要だと言っている人もいれば、そんなに重要ではないと言っている人もいます。僕の場合はキャリアゴール・研究をしたい理由・興味のある研究分野を1〜2ページで書くように求められました。あまり高尚な文章を書いても嘘っぽいと思ったので簡単な文章で適当に書いて、Grammarlyさんと現地で知り合った英語ネイティブ1人に添削してもらうだけで終わりにしました。

CV/Resume

Personal Information, Education, Publications, Presentations, Experience, Honours and Awardsの6項目で書きました。出願時点での研究業績はファーストオーサーでの論文が2本(雑誌はIF 1.5と4.2)セカンドオーサーでの論文が1本(雑誌はIF 4.5)国際会議での査読なしポスター発表2回でした。特に受賞歴がなかったのでHonours and Awardsのところには獲得した奨学金とDC1を書きました。

海外大留学向けの奨学金があると有利だとよく言われていますが、前回の記事で書いたように落とされたので奨学金なしの状態での応募でした。ちなみに、入学予定の学科では博士課程学生全員にTA, RAで学振よりちょっと少ない程度の生活費が支給されることになっているので、最低限の生活は可能だと思っています。

大学の成績表

学部以降の成績表を要求されました。Unofficial Transcriptでよいという指示だったので、学部の分は日本で発行された英語の成績表をコピーして提出しました。大学院の分は日本語版しか発行してもらえなかったので、日本語版のコピーとそれを自分で英訳したものを提出しました。GPAについては公式に算出方法がない場合は算出しなくて良いと言われたので計算しませんでした。

結果

第一志望の研究室に合格しました。第一志望以外に特に行きたいところが見つからなかったのでそこにしか出願しませんでした。



行きあたりばったりと運要素に満ちた博士課程受験は無事に終わりましたが、本当につらいのは博士課程に入ってかららしいので死なない程度に頑張りたいと思います。

本記事の一部は官民協働留学支援制度の支援を受けた留学の内容を記述している。この奨学金を受け取った学生は留学エヴァンジェリストとして日本の学生に留学の魅力を伝えることが求められており、この記事は筆者のエヴァンジェリスト活動の一環として書かれた。この記事が留学機運醸成の一助となることを願っている。