読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kivantium活動日記

プログラムを使っていろいろやります

「既存」「依存」は何と読む?

自然言語

今まで「既存」「依存」は「きぞん」「いぞん」と読むと思っていました。しかし、広辞苑には「きそん」「いそん」という見出しで出ています。

そこで「存」が使われている各熟語について、どの読み方が正しいのか調べることにしました。

 

・「そん」のみが許される熟語

存亡、存続、存在、既存

・「そん」が基本だが「ぞん」も許される熟語

依存、現存、存廃、共存、残存

・「ぞん」のみが許される熟語

存分、存命、存外、一存、実存、所存、温存、依存

 

上は、広辞苑(第五版)で「そん」のつく語を見ていき、日常的に使いそうな熟語をピックアップしたものです。(~とも)と書いていないものはその読みしか許されないと解釈しています。

 

依存、現存、存廃、共存、残存、既存はすべて「ぞん」と読んでいましたが、広辞苑に認められていないのは「既存」だけでした。

昨日「きぞん」と読んでいる人に二人会ったので、「きぞん」だと思っている人は僕だけではないようです。広辞苑に(きぞんとも)と書かれる日は来るのでしょうか?(それとも第六版ではもう書かれている?要確認)

 

分類すれば使い分けが分かるかと思ったのですが、結局よく分かりませんでした。意味によって使い分けているわけでもなさそうなので、慣用なのでしょうか?